>>日本で一番売れているアゴニキビケア化粧品【メルライン】が30%OFFキャンペーン中!<<

目次

あごニキビ

 

あごニキビの薬

ご存知の方も多いと思いますが、あごまわりにできてしまうニキビのことをあごニキビといいます。

今現在あごニキビで悩まれている方も居ることと思いますが、実はあごまわりってニキビができやすい部分とも言われているのです。

 

口周りですからどうしても目立ってしまう場所ということもあり、出来やすいそして繰り返しやすいあごニキビ、どうにかしたいですよね。
あごにできるニキビは手で触ったり毛先が当たるなどして雑菌が付きやすいため、一度あごにニキビができてしまうと治りにくく繰り返しやすいという特徴が挙げられます。
あごニキビの原因はホルモンバランスの影響だったり間違ったスキンケアやスキンケア不足だったり…と、人によって原因は異なりますが外部からの刺激や内部の働きの低下など様々な原因が考えられます。

 

あごニキビで悩んでいるという方は、ご自分に合った正しいケアの方法を見つけてケアしていったり生活リズムや食生活を正すなど心がけると良さそうですね。

 

あごニキビを漢方で治療

 

あごニキビを漢方で

あごニキビで悩まれている方は、どのような対策をするか考えていますか?

あごニキビを治療する方法として、"漢方薬で治療する"という選択肢もあります。まずはどのような漢方薬があるのかを見てみましょう。

 

ニキビの症状別に代表的な漢方薬をご紹介致します。

 

清上防風湯(セイジョウボウフウトウ)

熱や炎症のあるニキビに有効。顔の熱や炎症を取り除きます。
脂性肌で赤ニキビが多く、暑がりな体質の方に。

 

当帰芍薬散 (トウキシャクヤクサン )

冷え性で披露しやすい体質の方で、生理前にニキビが悪化するなどホルモンバランスの乱れによる大人ニキビに悩んでいる方に。

 

十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)

化膿しはじめの初期状態のにきびや炎症にきびに。
胃腸の弱い方や虚弱体質の方には向きません。

 

荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)

皮膚の色が浅黒く、手足の裏に脂汗をかきやすい方のにきびに。

 

桂枝茯苓丸加よく苡仁(ケイシブクリョウガンカヨクイニン )

のぼせやすいのに足は冷えるなど、血の流れが悪くなっている方のにきびに。
冷え性で、疲れやすく、生理前ににきびが悪化しやすい方、 なかなか治らない化膿にきびに悩まされている方に。

 

桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)

のぼせがあり便秘しがちで、月経不順がある方のにきびの悩みに。

 

 

など、それぞれ特長があるので参考にしてみてくださいね。

 

思春期のあごニキビの原因

 

 

思春期のあごニキビ

小学生〜高校生の時に出来るニキビを"思春期ニキビ"と言いますが、この思春期ニキビに悩まされている方って結構多いと言われています。

 

ニキビというと、おでこやほっぺなどに出来るイメージをお持ちの方も居るかもしれませんね。思春期にはあごや口周りにニキビが出来ることは少ないとは言われていますが中にはあごニキビで悩んでいる方居るのではないでしょうか。

 

10代の思春期ニキビと言われる頃にあごニキビが出来る原因として考えられるのは

  • ストレス
  • 胃腸が弱っている
  • お肌の乾燥

と、これらが原因だと考えられます。

 

あごは皮脂が分泌するよりはお顔の中では乾燥しやすい場所となり、お肌は乾燥するとバリア機能が低下するため皮脂を盛んに分泌します。
分泌された皮脂が過剰となり、毛穴をつまらせニキビができることとなります。

 

思春期であごや口周りのニキビにお悩みの方はこれらに当てはまるかどうか、考えてみてはいかがでしょうか。
原因が見つかると対策も見つかりそうですね。

 

あごニキビの原因

 

あごニキビの原因

あごの周りにできるあごニキビにお悩みの方も居るのではないでしょうか。

出来やすい、そして繰り返しやすいあごニキビですが何故出来るのか原因はご存知でしょうか?

 

今回は、あごニキビができる原因について調べてみましたので是非参考にしてみてくださいね。
あごニキビの原因はこれといった特定のものがあるというわけではなく、様々な原因が考えられます。

 

例えば、ホルモンバランスの影響。女性の場合は性周期によってホルモンバランスが変化するため、それにあわせて肌のコンディションも変化していきます。女性ホルモンのうちの一つである「黄体ホルモン」は皮脂の分泌を活発にします。

 

他にも、実は普段やっているスキンケアが間違ったやり方だったりスキンケアが不足してるということ。
そして、紫外線など外部からの刺激だったり内部の働きの低下なども考えられます。

 

このように、あごニキビの原因は様々なことが考えられますから特定することは出来ませんが思い当たるものがあったら改善されてみてはいかがでしょうか。

 

あごニキビの原因はストレス?

 

あごニキビが出来る原因ってご存知ですか?
原因といっても、これと特定できるものはありませんが様々なことが考えらえます。

 

あごニキビの原因

 

あごニキビの原因

中でもあごニキビの原因として筆頭に挙げられているのが”ホルモンバランスの影響”です。
男女に共通して、ホルモンバランスが崩れる原因として考えられるのはストレスや睡眠不足、生活習慣の乱れや環境の変化など。

 

勉強や仕事が忙しかったり、外食ばかりで食生活が乱れていたり…と思い当たる方も多いのではないでしょうか。
ストレスを感じるとステロイドホルモン(副腎皮質ホルモン)の分泌が促進されて更には男性ホルモン(アンドロゲン)の分泌が促進されます。

 

ステロイドホルモンも男性ホルモンも、皮脂の分泌を増加させるためにニキビが出来やすい状態を招くのです。
日々の生活をいきなり変えるのは難しいですよね。

 

しかし、週に1回気分転換できる日を作ったり外食ばかりだったのをたまには栄養を考えた食事を作ってみたり…と対策もあります。

 

あごニキビの治し方

 

あごニキビの治し方

あごや口周りのニキビのお悩みの方も居るのではないでしょうか。

あごニキビはクセになり治っては出来てを繰り返しやすいとも言われています。
更にあごや口周りのニキビって目立ちますから出来れば早く治したいですよね。

 

そこで、あごニキビの治し方について調べてみましたのでお悩みの方は是非参考にしてみてはいかがでしょうか。
あごニキビの原因の一つとして考えられるのが「ホルモンバランスの乱れ」です。

 

この原因に対して、"ホルモンバランスを整えること"は治療の第一歩と考えて良いでしょう。
仕事に家事にと忙しい日々を過ごしている生活の中からストレスを排除するというのは簡単なことではありません。

 

しかし、出来るだけストレスを内側に溜めないように上手く発散するよう心がけましょう。
規則正しい生活や睡眠、バランスのとれた食生活も重要となります。

 

その他にも、適切なスキンケアだったり紫外線ケアを徹底するなどがあごニキビを治すのに大切なことと言えます。

 

あごニキビが治らない

 

あごニキビが治らない

「あごニキビが治らない…」と悩んでいる女性って意外と多いと言われています。

あごニキビって、一度できてしまうと治りにくく繰り返しできてしまうことも多いと言われている厄介なものなのです。

 

更にケアを誤るとニキビ跡が残ってしまう恐れもありますから慎重にケアしていきたいところです。
あごや口周りにできたニキビって結構目立ちますから、出来るだけ早く治したいのになかなか治らないと悩んでいる方も居ることと思います。

 

まず、規則正しい生活や睡眠・バランスのとれた食生活は出来ていますか?
あごニキビの原因の一つとして「ホルモンバランスの乱れ」が考えられますが、これに対してホルモンバランスを整えることが治療の第一歩と言えるでしょう。

 

ストレスを完全に排除するというのは難しい話ですが、ストレスを上手く付き合えるようになるといいですね。
その他にもこれまでの自分のスキンケアを見直してみるのも重要です。

 

例えばクレンジングや洗顔やしっかり行き届いていたか、洗顔のすすぎは十分だったかなど見直してみましょう。

 

あごニキビが痛い

 

あごニキビが痛い

あごに出来ているニキビ、痛みを感じませんか?

おでこや頬にできるニキビと比べてみても何故かあごにできるニキビって痛く感じることがあるという方も居ることと思います。

 

何故痛みが感じるのでしょうか。
実は痛みが感じるということは、症状が進行してしまっているということとなります。
ということは、あごのニキビが痛む理由は症状の進行が早くてすぐに悪化してしまうからなのです。

 

あごニキビは

  • 皮膚が厚く皮脂が排出されにくい
  • 手で触ったりしやすく刺激を受けやすい
  • 口の動きに連動して刺激を受けやすい

などいくつかの原因があり、これらがニキビの悪化に関係していることが考えられます。

 

あごのニキビは他の部位と比較してみても特に気を付けてケアをしないと、治しにくく悪化しやすい部位なので痛みを感じやすいということなのです。
ニキビに痛みを感じるということは皮膚の下で炎症が起きているという証拠ということ、炎症が起きているということはお肌の皮膚細胞がどんどん傷ついているということを覚えておくといいですね。

 

あごニキビで皮膚科に通院

 

あごニキビで皮膚科に通院

肌荒れで皮膚科に通院しているという方も多いでしょう。

そこで、あごニキビに悩んでいてこれから皮膚科に行くことを検討されている方にあごニキビの皮膚科での治療についてご紹介致しますので是非参考にしてみてくださいね。

 

どのような治療をするのかは、医師によって様々かもしれませんがどのような治療法があるのかということを調べてみました。

 

皮膚科でするニキビの外用剤治療

・ピーリング剤を塗る治療
弱い酸を塗ることで、古い角質や毛穴の汚れをとかしコメドの排出を促すことを目的とします。
・抗生物質外用剤での治療
ニキビを殺菌する塗り薬
・エストロゲンを外用する治療
女性ホルモンの働きをする外用剤を塗布することで、男性ホルモンの働きを抑制し肌荒れを抑えます。

 

内服薬治療の場合

・ニキビ漢方治療
・ホルモン調整剤を内服する治療
・抗生物質内服薬での治療
・女性ホルモン剤を内服する治療
などが挙げられます。
行く皮膚科の医師によってどの治療法をするかの判断は異なるでしょう。

 

あごニキビの薬

 

あごニキビの薬

一度できると治ったり出来たりを繰り返す厄介なあごニキビにお悩みの方も多いのではないでしょうか。

あごや口周りのニキビって目立ちますし、ケアの方法を誤ってしまうとニキビ跡が残ってしまう可能性も…。

 

そんな厄介なあごニキビはどうやって治すのが良いのでしょうか。
メイクの洗い残しやホルモンバランスの乱れなども原因と言われているあごニキビですが、薬を使用して治すというのはいかがでしょうか。

 

皮膚科で処方してもらうのが一番良いのですが、なかなか行けないという方はまずは市販のものでもいいと思います。
あごニキビの薬で評判の良い"テラコートリル"は、就寝前に赤ニキビに塗って絆創膏でカバーをしてそのまま寝ます。そして翌朝絆創膏を剥がすと赤ニキビが消えているなんていう口コミもあるほど即効性があると言われています。

 

価格も800〜1,000円と安価ですからすぐにでも購入することが出来ますね。
ニキビが出来やすいという方はテラコートリルを常備しておくと心強いのではないでしょうか。

 

あごニキビを皮膚科で治療

 

あごニキビを皮膚科で治療

あごニキビがなかなか治らなかったり、治ってもまた出来て…の繰り返しに悩んでいる方も居ることでしょう。

あごニキビってなかなかの厄介もので誤ったケアをしてしまうとニキビ跡として残ってしまうこともありますからあごニキビが出来てしまったらどうやって治すかということも重要となってきます。

 

そこで、皮膚科で行う治療についてご紹介致します。
なかなかあごニキビが治らないと感じている方は自分でどうにかしようと思わずに皮膚科を受診されることをオススメ致します。

 

皮膚科でのニキビ治療では、ニキビの菌の増殖を抑える"抗菌剤"の内服薬や外用薬、炎症を抑えるための"抗炎症剤"の内服薬や外用薬を使うのが一般的とされています。

 

もしニキビの初期段階である白ニキビや黒ニキビの状態でしたら「アダパレン」という毛穴の詰まりに効果があり、ニキビを出来難くする薬が効果的でオススメです。
これらの治療法は今出来ているニキビを治すためのものです。

 

根本的にニキビを治したいのであれば漢方薬がオススメです。
医師に漢方薬が良いという旨を伝えると良いでしょう。

 

あごニキビが皮膚科に行っても治らない

 

あごニキビを皮膚科で治療

あごニキビに悩んでいて、皮膚科に行ってみたけどなかなか治らない…とお悩みの方も居るかもしれませんね。

皮膚科に行くことで、専門知識を持っている医師の指示の元処方してもらった内服薬や外用薬をその通り服用していても治らないというのは悲しいですよね。

 

皮膚科でのニキビ治療は、ニキビの菌の増殖を抑える"抗菌剤"の飲み薬や塗り薬、炎症を抑えるための"抗炎症剤"の飲み薬を使うのが一般的となっています。

 

これらの治療法は今できているニキビを治すためのものではありますが、もし皮膚科で処方された薬でもよくならない…というのであれば根本的にニキビを治すためにも「漢方薬」を処方してもらうと良いでしょう。

 

ニキビを治すための漢方薬は様々な種類があり、"便器気味でイライラしやすい人のニキビ""膿を持つ大きな大人ニキビがたくさんできる人""オイリー肌で赤身や炎症が強いニキビ"など、症状によって使われる漢方薬も異なりますから、皮膚科へ行き漢方薬を処方してほしいという旨を伝えると良いでしょう。

 

あごニキビを皮膚科で@札幌

 

あごニキビを皮膚科で

ニキビに悩んでいる方はとても多く、その悩みは他人からは想像もつかないほど深刻なこともあります。

出来ることなら、ニキビに悩んでいるのでしたら皮膚科で専門知識のある医師に診てもらうことをオススメ致します。

 

札幌周辺にお住まいで、あごニキビに悩んでいて皮膚科に通う事を検討されているのでしたら「札幌シーズクリニック」がオススメです。
札幌シーズクリニックは美容皮膚科ですが、ニキビやレーザー治療にチカラを入れている医療機関です。

 

ニキビの状態のあわせて医師による指示のもと、お肌に最も適切な処置をトータル的に行いますから自分のお肌にとってベストな状態で治療をしていくことが出来るのです。

 

例えば硬くなった肌皮膚を滑らかに改善するためだけではなく外的刺激からお肌を守るために潤いを補給する"メソポレーション"や古い角質を取り除き炭酸ガスレーザーで殺菌する"ケミカルピーリング"などがあります。

 

札幌の中心部、札幌駅からも近くアクセスもしやすいのでオススメです。

 

あごニキビを皮膚科で@大阪

 

あごニキビを皮膚科で

「あごニキビがなかなか治らない」「ニキビ跡が治らない」「ニキビが化膿している」など、ニキビって厄介で様々なお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

あごニキビは自分でどうにかしようとせずに、皮膚科で行かれることをオススメ致します。

 

皮膚科って数多く存在して、どこが良いのか分からないという声もよく聞きますが、大阪周辺でしたら「梅田・心斎橋フェミークリニック」がオススメです。
こちらは美容皮膚科となりますが、ニキビで悩んでいる方にオススメです。

 

梅田・心斎橋フェミークリニックでニキビの状態に合わせて様々なニキビの治療を受けることが出来ます。
光治療とケミカルピーリング、イオン導入など全てを融合させて行ってくれますからそうすることによって自分ではなかなか解決できないニキビの悩みもすぐに解決することが出来るのです。

 

これまで自分で色々なケアをやってきたけど効果が無かったという方は一度足を運んでみてはいかがでしょうか。
また、セルフケアなどに関しての助言を受けることもできて、トータルサポートを行ってもらえるので心強いです。

 

大阪の主要駅である各線大阪駅や各線梅田駅から徒歩で通えますから検討されてみてはいかがでしょうか。

 

あごニキビを皮膚科で@東京

 

あごニキビを皮膚科で

あごニキビがなかなか治らなかったり、繰り返しできて悩んでいる方も多く居ることでしょう。

ニキビが出来たら自分で何とかしようと思う方も多いのですが、あごに出来たニキビは誤ったケアをしてしまうとニキビ跡として残ってしまうことが多いため皮膚科へ行かれることをオススメ致します。

 

東京都周辺でしたら"南青山スキンケアクリニック"が人気です。
ニキビの原因は様々でストレスや食生活の変化、ホルモンバランスの影響などが考えられますが原因に合った治療をする必要があります。

 

南青山スキンケアクリニックでは、漢方薬や飲み薬・塗り薬・ケミカルピーリング・レーザーなど数多くの治療法の中からお肌の状態を見て最適な治療法を提案するという形になります。

 

また、ニキビ治療に保険適用できる診療もありますから良心的ですよね。
ニキビ・ニキビ跡のレーザー治療も可能です。

 

更に自分でセルフケアで出来るニキビの予防法も教えてくれるので助かりますよね。
地下鉄表参道駅B1出口から歩いて7分ほどのところにありますからアクセスも良いので通いやすいのも魅力的です。

 

あごニキビを皮膚科で@福岡

 

あごニキビを皮膚科で

あごニキビがなかなか治らない、治っても繰り返し出来てしまう…など、あごニキビについて悩んでいる方って意外と多いようです。

またあごニキビって誤ったケアをしてしまうとニキビ跡として残ってしまう可能性もありますから自分で何とかしようと思わずに皮膚科に行かれることをオススメ致します。

 

福岡周辺でオススメは"サクラアズクリニック天神"です。
皮膚の専門医がニキビに最適な治療を提案してくれるのでご自分のお肌にピッタリな治療法が見つかりますし、キレイなお肌に近づくことが出来ます。

 

ニキビ治療ではレーザーによる"フラクショナルCO2レーザー"だったり人気の"ニューダーマローラー""ケミカルピーリング"など豊富な種類をご用意しています。

 

福岡天神駅から徒歩5分とアクセスもしやすく立地も良いので福岡にお住まいであごニキビなどで悩んでいる方は一度行かれてみてはいかがでしょうか。
カウンセリング相談を無料で行うことが出来ますし口コミでの評判も良いクリニックです。

 

ひどいあごニキビに効く薬

 

あごニキビを皮膚科で

あごニキビがひどくて悩んでいる方も居ることでしょう。

あごニキビは一度出来てしまうと治ってもまた出来やすいため、繰り返しやすいニキビとして厄介ものとして感じますよね。

 

あごや口周りのニキビは、場所的にも目立ちやすいため嫌な思いをされた経験がある方も居るのではないでしょうか。
あごニキビを治していくためには、触ってしまったり潰してしまうとニキビ跡になって残ってしまう可能性もありますから根気が必要ですが今回はそんなニキビにもオススメな薬をご紹介致します。

 

本当でしたら、病院に行って医師にみてもらうのがいいのですがなかなかいく時間がない方も多いはず。
そこで、ドラッグストアなどの店舗でも手軽に購入することが出来る薬の中から調べてみました。

 

オススメは「テラ・コートリル」です。
ドラッグストアで1,000円程度で購入できます。

 

高い抗炎症作用によって市販薬の中でもニキビへの即効性が高いと言われていますから期待できそうですね。

 

思春期のあごニキビの原因

 

思春期のあごニキビの原因

小学生〜高校生くらいの10代の頃にできるニキビを"思春期ニキビ"と言いますが、この思春期のあごニキビに悩んでいる方も多いことと思います。

個人差はありますが、あごニキビは男性であれば思春期ニキビ、女性であれば大人ニキビで出来やすいと言われています。

 

そのため、思春期の頃にあごニキビで悩んでいるのは男性が多いかもしれませんね。
今回は思春期の時期にできるあごニキビの原因について調べてみましたので是非参考にしてみてくださいね。

 

思春期には、体の発育のため男性ホルモンが増えて一時的にホルモンバランスが変化します。
実は、あごには男性ホルモンの受容体が置く存在するため、あごやフィエスラインのニキビには男性ホルモンが大きく影響していると言われているのです。

 

特に思春期の男性は、強い炎症のあるニキビが出来やすい傾向にあるので注意が必要となります。
男性ホルモンには皮脂腺を刺激する作用があり、皮脂の分泌量が急激に増加しますがこの時期は毛穴の発達がまだ十分ではないため皮脂の排出が追いつきません。

 

そのため、毛穴の中に皮脂が溜まりやがて古い角質や老廃物と混ざって毛穴に詰まりニキビへとなってしまうのです。

 

中学生のあごニキビの治し方

 

 

思春期のあごニキビの原因

あごニキビって一度出来ると治っても繰り返しできやすい場所であるため、とても厄介なものですよね。

中学生の頃に出来るニキビを思春期ニキビと言いますが、中学生の頃にあごニキビに悩んでいる方も居ることでしょう。

 

あごやフェイスラインのニキビは、思春期ニキビは男性の方が多くできると言われています。
あごには男性ホルモンの受容体が多く存在するため、あごやフェイスラインのニキビには男性ホルモンが大きく影響していると言われています。

 

この思春期ニキビの治し方について調べてみました。

 

あごは普段それほど汗をかかない部分ですよね。そのため他の部分に比べても毛穴が発達していません。

 

皮脂の分泌が少し増えただけでもすぐに毛穴が詰まってしまいます。更にお肌のターンオーバーが遅いので一度ニキビが出来てしまうと治りにくく治っても痕が残りやすいのです。

 

そういったことを意識してケアをしていくのが良いです。
規則正しい生活をする、バランスの良い食事を摂るなども重要です。

 

あごニキビって占いでは

 

あごニキビって占いでは

「想い想われ振り振られ…」といったニキビ占いはご存知ですか?

かつて女子高生の間で"ニキビ占い"なづものが流行ったことがあります。

 

どちらかというとニキビというとマイナスなイメージをお持ちの方も居ることと思いますが、ポジティブの考えたとてもユニークな発想となるのがニキビ占いです。

 

一般的なニキビ占いは「想い・想われ・振り・振られ」の4つをおでこ・あご・右頬・左頬に振り分けてニキビが現れたら異性との関係を占いという恋愛占いです。
どこからこのニキビ占いが始まったかというのは定かではありませんが全国的に意識されるようになったのはニキビ治療薬「クレアラシル」のCMが関係しているのではないかと言われています。

 

あごニキビをこのニキビ占いに当てはめてみると、あごは"思われ"ということになりますね。
あごニキビが出来て気持ちもどんよりしてしまっても、ニキビ占いでは"思われ"となりますから何だか少し嬉しくなりますね。